体の悩み 健康 腰痛

【腰が原因?】足が痺れるのは病気のサインかもしれない!

こんにちは、ひぐっさんです!

 

最近足が痺れるんだけど、何か原因があるのかなあ?

今回はそんな人向けの記事です!

 

今回の内容

  • 最近足が痺れる
  • 時には痛みも感じる
  • 頻繁にしびれて、どうにかしたい

こんな悩みを解決していきます!

 

あなたのその足のしびれ、もしかしたら病気が隠れているかもしれません!

 

結論から言うと、足の痺れは腰が原因の可能性が高いです。

  • ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症

 

こんな病気があると、足に痺れが出てきます。

では自分の場合はどうなのか?

 

腰が悪い場合の痺れについて解説していきます!

 

記事の信頼性

  • この記事を書いている僕は、理学療法士です!
  • その知識や経験を元に解説するので、信頼性は高いと思います。
  • ちなみに、僕自身腰が悪くて手術まで経験しています(笑)

 

足が痺れるのは腰が原因かもしれない

さて先ほども言いましたが、腰が原因で足が痺れることがあります。

もし腰痛持ちなら、尚更可能性は高いです!

 

あなたはどんな場面で痺れを感じるのでしょうか?

  • 正座をしたあと
  • 足を組んでいたあと

こんな場合でしか出ないなら、大丈夫な可能性は高いです。

痺れが出るのは、言ってしまえば当たり前です!

 

ではどんな状態が危ないのか?

まずはこれを確認していきます!

 

まずは、これを確認

ではどんな時に痺れが出ると危険なのか解説していきます。

 

先ほど言ったように、正座の後とかだけなら問題ないです。

その状態はよくしびれ出ます!

 

ここからは危険な症状を紹介します。

こんな痺れは危険

  • 長時間歩いているとしびれてくる
  • 何か力仕事をした時
  • デスクワークや、長時間の運転など
  • 痺れが出ても少し休んだり、姿勢を変えればおさまる

こんな症状の人はいませんか?

 

この場面で痺れが出るのは、ちょっと危険かもです!

ではなぜ危険なのか?

 

痺れが出る原因なんかも踏まえて、解説していきます。

 

足が痺れる原因とは?

先ほどから何度も言ってますが、腰が悪いと足がしびれます。

 

腰が悪いのに、どうして足が痺れるの?

解説します!

 

人間の体の神経は背骨から出ています。

いわゆる脊髄と言うやつですね!

 

この脊髄から手や足を動かす運動神経や、

感覚を感じる感覚神経が出ています。

 

そして脊髄にも、役割分担があります。

 

例えば、腕を動かす神経は首の脊髄が担当。

お腹の感覚は胸のあたりの脊髄が担当・・・

 

こんな感じです!

ここがポイント。

 

足を動かしたり、感覚を感じる神経。

これは全て腰から出ています!

 

つまり腰が悪くて神経に以上があると、

足がしびれたり、痛みが出たりします!

 

なんとなくわかるでしょうか?

では次にどんな時に痺れが出るのか紹介します。

 

どんな病気の可能性があるのか

冒頭でも言いましたが、痺れが出るのは以下のような状態です!

しびれの原因

  • ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄りょう
  • 腰椎すべり症

有名かつ多いのはこんな状態です!

 

基本的に、まずは腰痛を感じることが多いです。

 

そして、腰痛と共に症状が進行した場合

足に痺れや痛みが出てきます!

 

つまりです!

足に痺れが出るのは、症状がある程度進行している!

ちょっと状態が悪いと考えて良いです!

 

腰痛だけの人は大勢います。

 

しかしヘルニアなどが発生して、痺れが出るのはよくない状態です!

悪化すれば手術のリスクもあります。

 

では心配になってきたところで、どうすれば良いのか?

痺れがある場合に、何をすれば良いか解説していきます。

 

足の痺れが続いているけど、どうすれば良いか?

では自分の痺れは実際どうなんだろう?

ヘルニアとかあるのかなあ?

 

少し心配になってきたかもしれません。

 

結論は早めに病院に行って欲しいです!

 

とはいえいきなり病院はちょっと・・・

そう考えると思うので、まずはセルフチェックをしましょう!

 

セルフチェック方法

基本的に運動した時や、

過度な腰への負担がかかった時に痺れが出やすいです。

 

痺れが出るシーンと、しびれの場所でセルフチェックします!

 

しびれが出るシーン

こんな症状は注意

  • 歩いていて痺れが出てくる
  • 長時間座っている時に痺れる
  • 運動した時

こんな場合は可能性高いです!

 

例えば長時間歩いていると、しびれてくる。

少し座って休憩すると痺れがおさまる!

 

これは結構確率高いです。

腰が悪い人の特徴ですね!

 

大丈夫なパターン

  • 正座の後に足が痺れる
  • 足を組んだ後に、足が痺れる

こんなパターンは基本大丈夫だと思います!

 

普通にある生理現象の可能性が高いです。

 

しかし正座の後痺れが長時間残るなど、

ちょっとおかしいなと思う場合は用心してください!

 

しびれの場所

次にしびれの場所について。

場所のポイント

  • お尻
  • 太腿
  • 膝より下の外側
  • ふくらはぎ
  • 足の親指
  • 足の裏

こんな場所は腰が悪い場合に出やすい症状です!

 

ここにしびれとか痛みがある場合は注意です!

 

後もう一つ!

セルフチェック

  • 仰向けで寝る
  • 両足を伸ばしておく
  • 片足を伸ばしたできるだけ高く盛り上げる

この時に足がビリビリしたら、高確率で腰悪いです!

 

これをちょっと確認してください!

もっと詳しく>>腰痛の危険な症状について

まとめているので、確認してください!

 

病院にいきましょう

今紹介した症状に当てはまるかた!

早めに病院に言った方が良いです。

 

てか行ってください!

 

ほっておくと、悪化するだけだし手術のリスクも上がります。

 

僕自身理学療法士をしていて、腰痛が出ました。

職業柄詳しいので、早めの対応で病院行きました。

 

しかし24歳にして手術するまで悪化しました!

いつ、どんなスピードで悪化するかわかりませんよ。

 

早めの受診、早めの対応で悪化を防げる可能性もあります!

 

>>手術とリハビリの体験談で、辛さを語ってます!

これで危機感を持っていただけると幸いです。

 

自分で治す方法

病院を進めましたが、自分でできる腰痛対策があります。

対象者

  • 今回紹介した症状に当てはまる人
  • 腰痛を感じたことがない人もおすすめ

 

腰痛の人はもちろんですが、腰痛を感じたことがない人もおすすめします!

将来腰痛になる可能性は十分にあります。

 

筋トレやストレッチで予防できるので、

健康に興味がある方はやってみてください!

 

>>腰痛の解消方法についてを別記事にまとめてます。

やる気のある方は、要チェックです!

 

最後に

自分の痺れが、どんな状態か少しイメージできましたでしょうか?

腰痛で手術の人は本当に多いです!

 

理学療法士として、あまり腰痛を甘くみないで欲しいところですね!

 

もし病院に行く気になったら整形外科を予約してください。

 

そしてもし腰痛対策をしてみたい!

そう思ったなら、まずは筋トレとストレッチをしましょう!

 

簡単にできる方法があるので、できる人はやってみてください。

小さな積み重ねが、将来の健康を作ります!

Copyright© ひぐっさんろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.