体の悩み 腰痛

【徹底解説】腰痛は温めるのと冷やすのどっちなのか?

こんにちは、ひぐっさんです!

理学療法士が腰痛に対する疑問を解決します。

 

今回の疑問

  • 腰痛は温めるのと冷やすのどっちが良いの?
  • 正しい方法が知りたい

こんな疑問を解決していきます!

 

温めるのと冷やすのは、医療の世界でも使い方が定義されています。

 

結論から言うと、

  • 急にでた腰痛は冷やす
  • 長期的な腰痛には温める

これです!

 

ちゃんとルールがありますので、

一つずつ解説していきますね!

 

この記事の信憑性

  • 筆者の僕は理学療法士の資格を持っており、その経験からの知識です。
  • 論文などのデータから根拠のある情報を紹介します!

 

それでは早速解説していきます!

 

腰痛には温めるのと冷やすのどっちがいいのか?

腰痛のみならず、痛みがあるときに温めたり冷やしたり。

そんな経験はあると思います!

 

でもちゃんとした知識がないと、痛みを悪化させてしまいます。

 

ここはちゃんとしたルールがあります。

まずはそのルールをみていきましょう!

 

温めると冷やすを使い分けるルール

基本的に、温めても冷やしても痛みをとる効果はあります!

ただし、一つだけ気をつけるべきポイントがあります。

 

注意ポイント

  • 腫れた部分を温めてはいけない!

これだけ守れば基本的にオッケーです!

 

これを踏まえてそれぞれの効果をまとめると。

冷やす効果

  • 腫れを抑えることで、痛みを和らげる
  • 冷やすことで、痛みを感じにくくなる

温める効果

  • 温めることで、痛みを感じにくくなる。
  • 筋肉などがほぐされて、痛みが和らぐ

 

冷やすと温める、両方に「痛みを感じにくくする」とありますね。

 

人は痛みを感じる域値と言うのがあります。

例えば

  • 0~10段階の強さで皮膚をつねるとします。
  • 「5の強さ以上だと痛みを感じる」みたいに脳に設定されています
  • 温めたり冷やしたりすると、この基準が7とかに上がります。
  • つまり、5でつねっても痛くない
  • 故に痛みを感じにくくなる

なんとなくわかりますかね?

 

温めたりすると、普段感じる強さの痛みは感じなくなる。

こんな感じですね!

 

この作用が、温めると冷やすの両方にあります。

 

ただし腰痛対策においては、

腫れている場合以外は、温める方法を推奨します!

 

  • 腰痛の原因に、筋肉の硬さがあります。
  • 温めることで、筋肉をほぐす役割がある
  • 故に腰痛改善が期待できる

温める理由はこれです!

 

このことに関しては、あとでも紹介します。

実際に腰痛の場合はどう使い分けるか解説していきます!

 

ぎっくりなどの急な痛みには冷やす

腫れている状態には冷やすと言いました。

腫れている状態を、医療的には急性期とも言います!

 

腰痛の場合は急性腰痛、いわゆるぎっくり腰ですね!

ぎっくり腰の場合は必ず冷やしましょう。

 

物を持った時や、お辞儀した時など。

ふとした拍子に腰に強い痛みを感じるのがぎっくり腰です!

 

ぎっくりになった場合は、無理せず安静にしてください。

その際に可能でしたら、腰を冷やすのが良いと思います!

 

急性の腫れ(炎症)は2~3日と言われています。

その期間は冷やして、その後は温めるに移行すれば良いです!

 

冷やし方温め方はあとでまとめて紹介しますね。

 

ちなみに

  • ぎっくり腰にはまずは安静
  • しかし痛みの範囲で活動量を維持する
  • 安静より動く方が、改善傾向だとガイドラインで言われています。

筋トレも有効なので、>>寝たままでもできる腰痛の筋トレ

参考にしてみてください!

 

長期的な腰痛には温める

次に温めるパターンです!

基本的には温めればオッケーです。

 

腰痛の多くは、筋肉が緊張(硬い)していることで痛みが強くなります!

 

そのため、腰痛にはストレッチが効果的だと言われています。

詳しく知りたい方は>>腰痛にストレッチが効果的な理由を参考にしてください!

 

腰痛が発症してすぐでなければ温めて良いです。

効果が出るか、試してみてください!

 

では実際に、どのようにして温めたり冷やしたりするのか?

ここを解説していきますね。

 

具体的は処置の方法を紹介

冷やし方と、温め方。

それぞれの注意点や、どれくらいの時間すれば良いか!

 

ここを解説していきます。

 

そもそも何を使って冷やしたり温めれば良いのか。

冷やすのは、風邪ひいたときの氷枕とかあれば良いけど・・・

 

温める物ってそうそうないですよね(笑)

 

Amazonとかで調べると、レンジで温めるだけのホットパックとか売ってます!

こういったのが安静性もあり、良いかと思います!

 

他の部位の痛みにも使えるし、

風邪ひいたときの氷枕、冬場の湯たんぽなど・・・

 

他のことにも使えるので、コスパは良いと思います!

 

さて実際にこういった物を使って、

どれくらい冷やしたり温めれば良いのか?

 

解説していきますね。

 

冷やし方とその時間

冷やす方法は、医療的には「寒冷療法」と言われます!

寒冷療法の効果

  • 炎症やむくみの抑制
  • 血液の循環がよくなる
  • 痛みの軽減

こんな効果があります!

 

冷やす際の注意点

例えば先ほどのような冷やす道具を使う場合の注意点があります!

冷やす際の注意点

  • 仰向けで床と腰の間に冷やす物を挟む

このやり方はNGです!

 

腰だけでなく、基本的に冷やす物の上に乗るのはダメです!

密着しすぎて、体が冷えすぎるからです。

 

いわゆる凍傷になるので、うつ伏せで背中に乗せるだけにしてください!

 

冷やす時間

そして冷やす時間!

冷やす時間は、20~30分必要と言われています。

 

最低20分は冷やすように心がけてください!

冷やしすぎも、体によくないので30分以上にならないように注意です。

 

温め方とその時間

温める方は、医療的に「温熱療法」と言われています!

こちらもまずは、その効果をまとめます。

温熱療法の効果

  • 痛みの軽減
  • 血液循環がよくなる
  • 筋肉が柔らかくなる
  • 痛みを感じさせる物質を除去する

 

こんな感じですね!

いろんな作用があって、痛みを軽減してくれます。

 

温める際の注意点

温まる際の注意点も、冷やす時と同じです。

 

仰向けで、床との間に挟まないことですね!

これも同じように、うつ伏せで腰に乗せるだけにしてください。

 

仰向けで、腰の間に挟むと密着しすぎます。

低温火傷を起こすのでこれだけは守ってください!

 

温める時間

温める場合の目安は、

40度で20分程度が効果的と言われています!

 

冷やす時と同様に、これ以上でもこれ以下の時間でもダメです!

 

40度の設定はおそらく、市販のホットパックであれば大体それくらいです。

危険な温度にはならないように設計されているので、時間をしっかり守ってください。

 

最後に

温めたり冷やすのは、ルールを守らないと危険です!

さらに使い方を理解しないと効果が出にくいです。

 

今回、使い分けが少しでも理解できたら幸いです!

注意点だけしっかり守っていただけたら問題ないです。

 

少しでも腰痛が軽くなることを願ってます!

他にも>>腰痛の解消方法についてまとめてるので参考にしてみてください。

Copyright© ひぐっさんろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.